有田焼の陶器市が今年はネットで開催されたらしい!来年は?

有田陶器市は、毎年ゴールデンウィークの期間に日本の伝統工芸品の1つ・有田焼の産地として知られる、佐賀県の西部に位置する有田町で開催されているイベントです。この催しが行われる期間は町内には数多くの店が並びます。全国から有田焼を目的にこの陶器市を訪れる人が集まり、その数は約120万人にも上っていました。
しかし2020年のゴールデンウィークは残念ながら新型コロナウイルスが流行したことによって開催は延期となり、有田町で毎年恒例の行事となっていたこの陶器市は有田町内で開催されませんでした。しかしその代わりに「Web有田陶器市」が、2020年の4月29日から5月5日まで開かれたそうです。陶器市気分でインターネットでショッピングを楽しめるという催しで、Aブロック・Bブロック・Cブロックまで数多くのお店が出店していました。

来年は?

一度は秋に延期して開催される話もありましたが、現在では次回の開催時期は未定となっています。
明治29年に陶磁器品評会が開かれたことをきっかけに、始まったこの陶器市は100年以上もの歴史があるイベントで、このような伝統的な催しが今後どのようになっていくかは多くの焼きものファンにとって気になるところでしょう。有田焼に関わる町の人や焼きものファンなどが望んでいるように、新型コロナウイルスの流行が収束すれば来年のゴールデンウィークには再び開催される可能性があります。しかし現在のところはまだ開催できると断言できる状況ではありません。
皿山通りを中心に町内に数々の陶器を扱うお店が並びお祭りムードに包まれる有田焼の陶器市は、豊富な種類の磁器やお買い得品を求めて多くの人が訪れていました。パレードや皿かぶり競走などの楽しいイベントもあり、多くの地元の子どもたちも楽しみにしていたことでしょう。来年はゴールデンウィークに開催することができるのかまだわかりませんが、無事に開催されることを願う人は多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です